大学体感プログラムとは

現役大学生が企画する中高生のためのプログラム

about_img_01

大学体感プログラム(UEP)は、全国の中高生と大学生との交流を目的としたプログラムです。現役大学生との“リアル”な交流の中で、中高生が「大学」や「大学生活」のイメージを膨らましたり、進学意欲や勉強のモチベーションを上げたり、自分の将来について真剣に考えたりすることを目的としています。2007年のサービス提供開始以降、日本全国500校以上(のべ数)の中学校様・高校様にご参加いただいてきました。

大学体感プログラムを企画・運営するのは、東京大学及び早稲田大学に在籍する200名ほどの大学生です。プログラムに参加する大学生には、一定の基準にした面接・採用・研修を行っており、全員が高い目的意識をもっています。その中の1人の大学生はこう語ります。

“私たち大学生も少し前までは中高生でした。少ない情報の中で、手探りをしながら中高時代を過ごしてきました。受験を終えて大学生となった今だからこそお伝えできることがあります。「人生の少し先輩」として見えるものや経験談をお話ししたいと思います。「自分たちが中高生のとき、こんなプログラムを体験したかった」と考えるもの。それが大学体感プログラムです”

東大生・早大生だからできること

about_img_02

『大学体感プログラムは、なぜ東大生・早稲田生限定なのか?』というご質問をよくいただきます。

大学体感プログラム(UEP)で主に伝えるのは、「大学とはどのような場所か?」ということです。私たちは「勉強していい大学に入ろう」という浅はかなメッセージを伝えたいとは決して思っていません。

「頭がいいこと、成績がいいこと」がいかに些細なことなのかを私たちは知っています。大事なのは、「勉強したことを、いかに自分の人生に活かしていくか」です。なんとなく勉強して、なんとなく大学に入って、なんとなく就職していく。そんな大学生が残念ながら多くいます。この状況が変わることを私たちは願っています。

大学という1つのキャリアについて知る過程で、中高生に自分の人生について考える機会を与えたい。UEPを人生のターニングポイントとして、主体的な生を歩むきっかけとして欲しい。私たちはこんな思いで活動しています。

大学生だからできることがあります。次世代を共に担う者として中高生と真摯に向き合い、彼らの“気づき”を促すお手伝いをしたいと思います。キャリア教育の一環として是非ご利用下さい。大学生一同、お待ちしております。

vision_btn_01 vision_btn_02
大学体感チャンネル
Message 私たちからのメッセージ
体験ゼミ
座談会
公式Facebookページ
pageup