なぜ、いま、アクティブラーニングなのか?

2018年3月31日

「アクティブ・ラーニング」という言葉、最近よく耳にしますよね。書店に行くと、アクティブ・ラーニングを冠した本が非常に多く見られます。最近では、ドラマ「先に生まれただけの僕」でも話題になりました。

しかし、
「アクティブ・ラーニングってなに?」
「今までの授業ではダメなの?」
「どういう風に授業に取り入れればいいんだろう?」
とお悩みの先生方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では、アクティブ・ラーニングの基礎の基礎をまとめてみました。

これを読めば、アクティブ・ラーニングとは何か、アクティブ・ラーニングがなぜ推奨されているのかがわかるはずです。

また、アクティブ・ラーニングをこれから取り入れたいと思っている方向けに、その手助けとなるような情報もお届けします。

アクティブ・ラーニングって?

アクティブ・ラーニングという言葉、最近になってから多く聞くようになりましたよね?
現役大学生はともかく、多くの現職教員の方は大学の教職課程においてこの言葉を耳にすることはまずなかったと思います。

それもそのはず、アクティブ・ラーニングという言葉は最近できた新しい言葉なのです。

平成24年8月28日に発表された、『新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ~(中央教育審議会答申)』において、文部科学省はアクティブ・ラーニングの学校教育への導入を明確に打ち出しました。

そもそも、アクティブ・ラーニングとはいったいどのようなものなのでしょうか?

文部科学省の定義

文部科学省は、上記に掲げた答申の中で、アクティブ・ラーニングについて次のような定義を定めています。

教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である。

ここで重要なのは、
・学修者が能動的に学修に参加すること
・認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図っていること
の2点です。

なかなかわかりづらいですね。
少しかみ砕いて考えてみましょう。

アクティブ・ラーニングで求められることとは?

まず、先生が生徒に一斉講義を行うのではなく、生徒が自ら参加出来る授業スタイルにしなくてはなりません。

その具体例として、ここでは発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習グループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワークなどが挙げられています。

しかし、ここで気を付けなくてはならないのは、教師が綿密に計画を立て、お膳立てをしてこれらのワークを実践するのは意味がないということです。
生徒は与えられた機会の中で学ぶのではなく、自らの力で学びを切り開いていく必要があります。

そして、もうひとつは、各教科科目の課題解決に終始するような学びはアクティブ・ラーニングとは呼ばないということです。
アクティブ・ラーニングとは、教科の学びの枠にとらわれず、汎用的な能力を育成する学びでなくてはなりません。

ただ数学の問題を生徒が能動的に取り組むだけでなく、コミュニケーションの力や自らの考えを表現する力の形成など、生徒が社会に出てから求められるような能力も同時に育てる必要があるのです。

アクティブ・ラーニング推進の背景~大学入試改革~

実は、先ほど述べたアクティブ・ラーニングとして求められているものは、従来求められてきた「生きる力」や「言語活動の充実」と重なる部分が多く存在します。
グループワークなどの手法も、新しく生まれた手法というわけでは決してありません。

では、なぜ、アクティブ・ラーニングという新しい言葉が使われるようになったのでしょうか?

それには、新しい言葉を使うことで、今までなかなか進められてこなかった改革を大幅に前進させようという目的があります。

そして、最近になってアクティブ・ラーニングが注目されるようになったもうひとつの理由として、大学入試改革の存在が挙げられます。

「大学入試センター試験をなくし、達成度テストへ」
「英語の読み書き能力だけでなく、聞いて話す能力についても大学入試で取り扱う」
など、入試改革については連日多くの報道がなされていますね。
これまで多くの学校が、大学合格に必要な力をつけることをひとつの目標として教育を行ってきました。

しかし今、大学入試が大きな転換点を迎えています。
当然、学校も変わらなくてはなりません。
アクティブ・ラーニングによる教育改革は、もはや必然となっているのです。

アクティブ・ラーニングの導入によって何が変わるのか

ここまで来ると、
「アクティブ・ラーニングが今後の教育改革の中で必要なことは分かった。でも実際どう変えればいいの?」
という声があがってくるかもしれません。

今までご自身が中高時代に受けてきた授業とは打って変わった授業を行わなくてはならないのですから、不安になるのも当然です。

ここで大事になってくるのは、授業に対する先入観・思い込みを一度すべて捨てることだと思います。

「教師が生徒に物事を教える」という考えは捨てよう

「教師が生徒に物事を教えずして何を教えるんだ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、ここで教育の目的について、もう一度よく考えてみてください。

教育の目的は、教師が生徒に何かを教えることではありません。
生徒が何かを学び、成長することです。

生徒が学ぶ手段として、これまでは一斉講義型の授業が多く行われてきました。

しかし、今後求められるのは生徒の能動的な学びです。生徒が級友と助け合い、自ら学ぼうとすることで、初めて生徒の学びは最大化されるのではないでしょうか。
これからの教師に求められるのは、生徒が自ら学ぼうと思えるような場づくりです。

一方向的に教えるのではなく、ファシリテーターとして生徒の学び場を作ること、これこそが先生の役割と言えるでしょう。
そして、そのような学びのあり方こそが、アクティブ・ラーニングなのです。

「教科書の内容はすべて教えなくてはならない」という考えは捨てよう

先ほど、教育の目的は生徒の学びを最大化することだと述べました。
つまり、教師がすべてを教える必要はないのです。おそらく皆さんの生徒は、自ら学び取るだけの力は十分に持っています。

「アクティブ・ラーニングを取り入れる時間的余裕なんてない!」と思っている方も、「教科書の内容を網羅して教える必要がない」と思えばアクティブ・ラーニングを取り入れられそうな気がしませんか。

今まで教師が生徒に教授していた時間を使って、生徒の学びの場を作り出せばよいのです。
先生たちが教えなくても、案外生徒は自分たちで学ぶことができるものです
大事なのは、生徒の力を信じることです。

生徒の限界を、教師が勝手に決めるのではなく、一度生徒を信じて任せてみましょう。
もしかしたら、一番変えなくてはならないのは、教員側の意識の方かもしれませんね。

アクティブ・ラーニングの実践例

最後に、アクティブ・ラーニングを実践する上で、その手助けとなるような情報をお届けしたいと思います。
アクティブ・ラーニングの手法としては、実に多くの手法が存在します。

たとえば、

ジグソー法
あるテーマについての資料をグループ内で分担して勉強し、各自が理解した内容を持ち寄って知識を統合する手法。代表的な協調学習のひとつ。

Think Pair Share:
発問に対して、まず個人で考える→隣の人と意見交換→全体に共有する、という手法。他者の意見に触れながら、自分の意見をさらに深めることができる。

ピアインストラクション
各自で発問について考えたのち、周囲の人々にその回答を導き出した根拠を説明しあい、再び自らの答えを見直す手法。教員による解説より、生徒どうしの意見交換の方が得られる気付きが多い。

などです。

上記の手法やその実践については、こちらのHPにも記載があるのでぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?
今までアクティブ・ラーニングについて多く見てきましたが、まとめると、

・アクティブ・ラーニングは生徒の能動的学習と汎用的な能力の育成を求める
・アクティブ・ラーニングはこれからの教育改革の中で必然となる
・アクティブ・ラーニングを行うにはまずは教師の意識改革が必要

ということです。

ぜひ、これからもCast lab.(キャストラボ)の記事をご参考にしてみてくださいね!

参考文献

西川純『すぐわかる!できる!アクティブ・ラーニング』
中原淳・日本教育研究イノベーションセンター『アクティブ・ラーナーを育てる高校』
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構アクティブラーニング部門HP http://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/
文部科学省HP www.mext.go.jp/

 


▶こちらもおすすめ!
アクティブラーニングについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。