「やる気が出ない…」今日からできる、モチベーションを上げる8つの方法

2018年3月31日

受験勉強や日々の勉強に関わらず、多くの生徒さんが悩む「モチベーションが上がらない」問題。どんなに勉強が得意な生徒さんでも、やる気がわかないタイミングというのはほぼ必ずやってくるのではないでしょうか。

東大や早大など難関大学に通う大学生も、当然モチベーションが上がらないことに悩んだことがありました。そこでここでは、そんな大学生たちがどのようにモチベーションを上げていたのか、いくつか例を挙げてご紹介したいと思います。

モチベーション不足に悩む生徒さんに、ぜひおすすめしてあげていただければと思います。

生徒さんにおすすめ!モチベーションを上げる方法

では早速、今日から実践できるモチベーションを上げる方法を見ていきましょう。

 

とりあえず一回休む

モチベーションを上げる方法

モチベーションが上がらないときに自分に無理に鞭を打っても、だらだらと勉強をすることとなり勉強内容も頭になかなか入ってきません。そんなときには、一度ゆっくり休む、気分転換をすることも大切です。

そうは言っても、好きなだけ休みましょう!ということではありません。
休むときには、休む時間を決めたり、休み終わったときに最初になにをするかを決めたりするのがおすすめ。そうすることでメリハリをつけることができ、オンの時間もオフの時間も充実したものにすることができます。

ごほうびを設定する

王道ですが、ごほうびを設定するのもおすすめの方法です。

大学生のなかには、「1時間勉強するごとにスタンプを1つ押し、20個溜まったら好きなスイーツを食べてOKのスタンプカードを自作していた」という人も。自分はどんなことでテンションが上るのかということをよく知り、効果的なごほうびを設定できるといいですね。

仲間を見つける

モチベーションを上げる方法

勉強というのは、なかなか一人だけではがんばれない部分もあるものです。実際、難関大に合格した人の中には、同じ大学を目指す者同士でグループを組み、勉強の励ましをし合っていたという人もいます。

「勉強をがんばっている」ということはちょっと格好良くないように思われてしまう雰囲気もあるかもしれません。だからこそ、一緒にがんばる仲間を見つけるというのは、モチベーションを維持する上で大切な要素となるでしょう。

ドヤァ!ができる場所をつくる

人は誰しも、自分のがんばりを他人に認めてもらうことでポジティブな気持ちになれるものです。しかし、「勉強がんばってます!」というのはやはり教室でみんなに言うことはしづらいのではないでしょうか。

いまはSNSやスマートフォンアプリなど、様々なものが発達しています。一緒に勉強をがんばる仲間やコミュニティを作ったら、そこで「勉強がんばったよ、ドヤァ!」と発信できるといいですね。「みんなに報告するために、もう少しがんばってみよう」と思えるはずです。

大学のパンフレットを眺める

受験勉強で詰まってしまったときには、志望大学のパンフレットを開いてみるのもおすすめです。

大学のパンフレットって、きれいなキャンパスやきらきらした学生の写真がたくさん載っていて、見ているだけでわくわくすることも多いですよね。パンフレットはインターネットでも簡単に取り寄せることができますので、まだ持っていないという生徒さんにはぜひ取り寄せをおすすめしたり、学校にある資料を渡したりしてあげてください。

ノートに思いを書き出す

モチベーションを上げる方法

思いを紙に書き出すことは、心の中が整理される効果があります。これを利用し、「なんだかやる気がわかない」「なんかもやもやする」といういまの気持ちを、一旦ノートに書き出してみるというのもおすすめです。

単に疲れているということもあるでしょうが、モチベーションが上がらないときにはなにかしらの理由があるもの。一度ノートで整理してみることで、モチベーションをもう一度上げるためのヒントを見つけることができるかもしれません。

勉強を記録する

自分がいままでやってきたことを記録すると、あとから見返すことができ、達成感を得ることができます。そこで、勉強をするたびにしっかり記録を残しておくことを私たちはおすすめします。

記録の方法はなんでもOK。紙に書いてグラフ化してみてもいいし、勉強アプリで管理することもできます。勉強やモチベーション管理のおすすめアプリは、こちらの記事でも紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

中学生・高校生におすすめの勉強アプリ8選〜勉強ツールからやる気管理まで選りすぐり!

新しい文房具や参考書を買う

モチベーションを上げる方法

勉強グッズを新しくしてみるというのもおすすめです。どうしてもモチベーションが上がらないときには、新しい文房具や参考書を購入してみてはどうでしょうか?

かわいらしいペンやノート、前から気になっていた問題集など、自分の気持ちが前向きになれそうなものであれば買ってみる価値があると思います。とはいえ、いたずらにグッズを増やすのはおすすめできないので、ときどき試してみるのがいいかなと思います。

 

自分を上手にコントロールして、楽しく勉強しよう!

モチベーションを上げる方法

今日から試せるモチベーションアップの方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

誰だってときには、やる気が出なくなったり、なにもしたくなくなったりすることがあるもの。大切なのは、そんなときにどう向き合い、切り替えをしていくかということです。

切り替えのコツは、自分をよく知り、自分を上手にコントロールすること。「自分はどういうときにテンションが上がるのか?」「どうすると元気がなくなるのか?」といったことを普段から知っておくと、モチベーションが下がってしまったときに適切に対処することができます。

先生方には、生徒さん一人ひとりがどんなことでモチベーションが上がったり下がったりするのか、ぜひ考えてあげていただければと思います。

 


▶こちらもおすすめ!
勉強のしはじめというのは、いちばんハードルが高いもの。こちらの記事では重い腰の上げ方をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

勉強への重い腰がなかなか上がらない生徒に伝えたい!勉強を始めるハードルの乗り越え方