進路イベントレポート~大学生が語るオープンキャンパスの魅力!~

2018年3月31日

オープンキャンパスは大学構内を自由に見学ができるイベントですね。

オープンキャンパスのときのみ公開する構内施設があったり、特別なイベントがあったりしますので、高校生の進路選択においては貴重な材料になることでしょう。

今回は、実際にオープンキャンパスに参加して高校生と交流した私が、体験談と感想を交えながらその魅力を伝えていきます。

特に、
「生徒のオープンキャンパスに行くモチベーションを高めたい」
「オープンキャンパスの良さを生徒によりわかりやすく伝えたい」
「大学生が思うオープンキャンパスの意図が知りたい」
とお思いの先生方にぜひ読んでいただきたい次第です。

なぜ参加しようと思ったか?

いきなりですが、私がなぜオープンキャンパスに携わろうと思ったかを、まずはお話しいたします。

それは、将来に悩める高校生の進路選択の大きな一助になりたいと思ったからです。

もう少し詳しく説明いたします。
かつて私が高校生だった時、様々なオープンキャンパスに参加して様々な大学の雰囲気を体感し、多くの学生さんとお話をしたことで進路選択が大きく前進したのでした。
もちろんオープンキャンパスに行かなくても大学のパンフレットやホームページ、大学情報誌などあらゆる手段で大学についての情報を集めることはできます。
しかし、そういったメディアに掲載された写真や記事、他者の視線によって切り取られた一面から情報を得、自分を納得させるのには限界があります。

実物を自分の目や肌で確かめた時に感じたこと、考えたことが一番自分を納得させる強固な情報になる―――ということを、当時の私は体感しました。

ですから、オープンキャンパスにわざわざ足を運んでくれた高校生の皆さん(加えて同伴の保護者さんや先生方)には、なるべく多くの学生と関わってほしい、大学についてなるべく多くの情報を持ち帰ってほしい、と思いました。

長くなりましたが、これがオープンキャンパスに携わろうと思った理由であります。

次の章からは、具体的にオープンキャンパスでどのような活動をしたのかをお伝えします。学部3年生のときはサークルの一員として、大学院1年生のときは研究室の一員として参加しました。

サークル紹介コーナーで大学生と話せる

オープンキャンパスでは様々なイベントが催されており、その一つに「課外活動紹介・懇談コーナー」のようなものがありました。

一つの教室に様々な部活やサークルのブースが設けられており、高校生は気になるブースへ行って、部員とお話ができます。

課外活動や生活、勉強など何でも聞くことができます。私は学部生時代、大学の音楽部管弦楽団に所属していたため、部の活動紹介や他のオーケストラサークルとの違いの説明をしたり、演奏会の宣伝を行ったりしました。また高校生の質問に広く答えることもしました。
何かしら音楽を行っている高校生が多く来てくれたので、音楽の話で盛り上がった記憶があります。

一緒に参加した部員の中には、実際に楽譜を見せながらオーケストラの魅力を語っている者もいました。

こうして、高校では想像できないような多種多様な課外活動が大学にはあり、様々なかたちで生活を送ることができるという魅力を伝えることができました。

普段は関係者以外立入禁止な研究室に入れる

大学院では学科の研究室ツアーに携わりました。

理系学部の多くはオープンキャンパスで研究室の見学ツアーを催しております。高校生は気になる学部学科のツアーに、自由に参加できます(予約が必要な場合もあります)。

学生や教員の解説付きで、普段は見られないような研究室の実験装置、世の中にインパクトを与える直前の研究を見たりすることができます。
また研究に勤しむ学生や教員と話をすることができます。こちらでも、気になることを何でも訊くことができます。

私は生物系の研究室で遺伝子工学の研究をしており、その技術を知ってもらうべく、遺伝子組み換えによって発光する大腸菌を作成し、披露しました。

そもそもどのような仕組みで研究室に入るのか、大学院はどのようなところなのか、どのような生活をしているかなどの話をして、また高校生からの質問にも答えました。
高校生のうちにどのような過ごし方をすればよいのか、学部学科選びはどうすればよいのか、などの悩み相談に応じた記憶があります。

高校生活や進路教育ではなかなか触れることのないであろう、大学・大学院での学問の様子を伝えることができました。

高校生と接した大学生の本音

サークルの一員として、また大学院の学生として参加したオープンキャンパスで高校生と接し、強く感じたことは「もっと遠慮なく不安や悩み、本音をぶつけてほしい」ということでした。

もちろん一個人としての感想ですし、接した高校生の数も全体の参加人数に比したら限られているので、必ずしも高校生一般に言えることではないかもしれません。そもそも聞きたいことなんてないかもしれませんし、あるいは周りに見知らぬ高校生が大勢いるなか、初対面の大学生に対し自分をさらけ出すのは抵抗があるかもしれません。

しかし、序盤で述べたようにオープンキャンパスでは生の大学を体感し、生身の大学生と接することができる貴重な場なのですから、ここでしかできない話をしてもらい、生徒ひとりひとりが欲している情報を思う存分持ち帰ってもらって、進路についての考えを広げたり深めたりしてほしいと思いました。

まとめ

オープンキャンパスに参加した大学生という視点で、サークル紹介コーナー、研究室見学の様子と、その魅力をお伝えしてきました。

あらゆるバックグラウンドや考えをもった大学生が、高校生の皆さんを歓迎し、進路実現の応援をさせていただきます。

勿論「そんなに魅力的なら自分でもその魅力を味わいたい」とお思いになった先生方も、ぜひともお越しください!

心よりお待ちしています。

 


▶こちらもおすすめ!
進路イベントについてもっと知りたい方は、こちらも参考にしてみてくださいね。

進路決めは学生との会話から~学生と話せる3つのイベント~