キャストについて

2017年11月1日

キャストとは

トモノカイの大学体感プログラムやMy勉強法発見プログラムに参加し、中高生と交流する大学生のことです。
キャストには3つの心得があります。

難関大生である前に友人・先輩であること
スマートな大人ではなく、一生懸命な大人を示すこと
自分の魅力に引き込み、未知なる経験を積ませてあげること

この3つの心得を胸に、私たちキャストは、中高生にとって一生に一度の機会である大学生とのプログラムで、彼らの心に響くようなメッセージを届けることを目標に、中高生に語り掛けています。

質の高いキャストを目指して

キャストの目指す、中高生の心に響くメッセージを届けることは簡単なことではありません。トモノカイでは、キャストたちが成長できるような仕組みを多数用意しています。

初回研修

キャストには、トモノカイのプログラムが目指す姿やプログラムの魅力を伝える初回研修を受けてもらいます。実際のプログラムの様子を知り、簡単な練習を行うことで、初回勤務への不安を取り除きます。

ビジョンブック

初回研修の際にキャストには「ビジョンブック」が配られます。ビジョンブックにはキャストの目指すべき姿やこれまでのプログラムの様子が記されています。さらに自分の勤務について書きこむページもあり、「自分だけの理想のキャスト像」を目指すキャストに必須の一冊です。

事後ミーティング

毎回のプログラムにも成長の機会を設けています。プログラム後に行われる事後ミーティングでは、次回以降のより良い勤務に向けて、参加したキャスト全員でその日上手くいったことやそうでなかったことを共有します。参加回数の多い経験豊富なキャストから経験の浅いキャストが多くのことを学ぶのもこの事後ミーティングです。

キャストからのメッセージ
~中高生に伝えたいこと~

東京大学法学部 三木望未さん
中高生の中には自分の将来がイメージできず、今目の前にあることしか見えていない人も多いです。
比較的年の近い、私たち大学生が自分の経験を話すことで、そういう人たちに自分の将来について考えるきっかけを与えると同時に、中高生のうちにしておくべきことは何なのか、ということについても大学生になった今だからこそできるアドバイスをしてあげたいと思っています。
後悔のない中高生活を送ってほしい。そのための手助けをしたい、というのがUEPにかける私の思いです。

他のキャストのプログラムにかける思いもホームページやYouTubeチャンネルで多く紹介しています。

大学体感プログラムホームページはこちら
YouTube大学体感チャンネルはこちら