生徒の学年に合わせた活用例

大学体感プログラムでは、参加する中高生の学年に合わせてプログラム内容や話の重点を変えることができます。そのため、複数回参加していただくことでUEPを一回きりの体験にすることなく、中学校入学〜高校卒業にいたるまで、それぞれの時期でのモチベーション維持に活用していただけます。以下には、それぞれの学年でのUEP活用例を示します。

中学校入学〜高校卒業にいたるまでの活用例

jiki_flow
jiki_arrow

高校2年生〜高校3年生

この時期は志望大学・志望学部を決定し、
本格的に大学受験のための勉強を開始する時期です。

座談会 → 進路選択のポイントや、受験勉強のコツについて大学生の実体験を聞く。
学部のススメ → 志望学部を決定するにあたって、各学部の情報を入手する。

jiki_arrow

中学3年生〜高校1年生

この時期は進路選択に向けて、
大学をはじめとする人生のオプションを知る時期です。

座談会・パネルディスカッション→複数の大学生の進路選択について話を聞き、参考にする
体験ゼミVS.東大生→大学に入ったとき、どのような学問のかたちがあるのかを知る。

jiki_arrow

中学1年生〜中学2年生

この時期は充実した中高生活を送るために、目標を見定め、
目の前の課題を一つ一つクリアしていく時期です。

座談会・パネルディスカッション → それぞれの大学生がどのような中高生活を送ったかを聞き、目標とする。
大学生活体感ワークショップ → 大学や大学生活がどんなものかを楽しく学ぶ

修学旅行・校外学習での活用
大学体感プログラムの強み
pageup