模試目標・振り返りシートのご紹介

2017年10月16日

受験における必須アイテム、「模試」。各予備校が開催する模試を学校単位で申し込まれているところも多いと思います。

一方で、中には「模試は受けて終わり」という生徒さんもいるでしょう。難関大学生は受験生の頃、どのように模試を活用してきたのでしょうか?

 

模試の効果的な活かし方とは?

トモノカイに所属する難関大学生の模試の活用法を分類すると、3つのポイントが浮かび上がって来ました。

  1. しっかりと目標を設定する。
  2. 結果から弱点を分析し、目標を再設定する。
  3. 見つけた苦手をちゃんと克服する。

これらのポイントを模試のたびに常に繰り返し、結果や目標を見返していたようです。

しかしこれらのポイントだけ伝えるだけでは、「どうやればいいの?」と戸惑ってしまう生徒さんも少なくないはず。そこで、難関大学生の経験やエッセンスを盛り込み、「模試目標・振り返りシート」を作成しました。

目標設定も、苦手分析も、復習も一枚で!

「模試目標・振り返りシート」は、

STEP1:目標設定
STEP2:自己採点
STEP3:結果返却

の3ステップからなっています。

模試をただ受験して終わり、とならないように、模試前に立てた目標に対しての振り返りや、自己採点で見つけた弱点をしっかり克服できているかの確認などができるように工夫しました。高校生の使い勝手をよくするために、要点をシンプルに1枚にまとめています。

模試を受けたあと自分のニガテを発見したり、目標がしっかり達成できているか分析したりすることで、一回一回の模試を日々の学習にさらに活かせるようになります。ぜひダウンロードしてご自由にお使いください!(生徒さんにすぐに渡せる使用例など、詳細は以下のダウンロード資料に掲載しております。)

資料ダウンロードはこちら

以下のリンクから模試目標・振り返りシートをダウンロードいただけます。

ダウンロードには、メールアドレスの登録をお願いいたしております。

フォームにご入力いただき、送信ボタンを押すと、自動的に資料のダウンロードが開始いたします。お手数ですが、ご協力お願いいたします。

※ご登録いただいた個人情報の取扱いに関しましては、以下のページで詳細をご確認ください。

 


▶こちらもおすすめ!
模試の活用についてはこちらの記事でも特集していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

受けただけで終わらせないために!模試フル活用に向けて、先生にサポートしてほしかったこと

本番直前!最後のセンター模試をどう活用させる?