受験への第一歩!「高2向けセンター自己採点シート」のご紹介

2018年1月12日

いよいよ今週末にはセンター試験が行われます。受験生は緊張と焦りを感じつつも、いい結果を残す為に最後の勉強をしていることだと思います。

ところで、このセンター試験は高2で解くことにも意味があると言われています。その大きな理由は、来年の本番までにやっておくべきことが明確になるから。3年生になってから受験について考えたり試験の問題を知ったりするより、なんとなくの肌感覚を持っておくことで他の受験生に一歩先んずることができます。

しかし、ただ受けるだけでは「全然できない…」と落ち込むだけだったり、「よくわからなかった」など具体的になにも得られないまま終わってしまうことも。これではもったいないですよね。

そこで今回は、高2でセンター試験を解く意味と、実際に解く時に使える高2向けの【センター自己採点シート】をご紹介したいと思います。

高2でセンター試験を解く意味とは?

高2のセンター試験

高2でセンター試験を解いてみても本番さながらの点数を取ることは難しいです。
それでも、高2で受けるのは、今の自分の現状と目標を知ることで、今後の勉強で何をすればいいのかより具体的になるからです。

例えば、朝起きるのが苦手な人に、「早く起きてください」と言うよりも「6時に起きてください」と言う方が、何をすべきかがわかるようになります。
「6時間は寝たいから12時には寝よう」とか「確実に起きれるように5時30分から目覚ましをかける」など、対策を具体的に考えることが出来ます。

センター試験の場合だと「いい点数を取る!」よりも「〇〇点を取る!」と決めたほうが、より勉強しやすくなります。

また、現状を知っておくことで、目標との差がはっきりするので、今後の対策をより具体的に考えることが出来るようになります。

各大学の合格得点率は、予備校のサイト等でも簡単に入手できるので、目標の点数も決めやすいのがセンター試験の良さでもあります。

自己採点シートでゴールと現状を把握すれば、高2のいまから明確に対策できる!

目標となる行きたい大学の合格得点を知り、自分の現状を把握する。
そして、その差を埋める為に何を勉強すべきかを考える。

このメリットを活かせるように作成されたのが、【高2向けセンター自己採点シート】です。

実際の高2向けセンター自己採点シートの記入例

この自己採点シートは、書き込む項目がシンプルかつ具体的なので、まだ受験について意識の高くない高2の生徒さんでも使いやすいシートとなっています。

自己採点シートを使うことのメリット

◎志望大学に必要な点数と、自分のいまの点数との差が一目瞭然に!
◎来年の目標を具体的に立てることができる!
◎目標達成のために実践することを宣言できる!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

高2の今の時期は、「高3の0学期」と言われるように、受験への切り替えの時期でもあります。切り替えの第一歩としてセンター試験を解かせてみようと考えている先生もいらっしゃると思います。ぜひ生徒さんに配布してご活用ください!

資料ダウンロードはこちら

以下のリンクから、高2向けセンター自己採点シートをダウンロードできます。

ダウンロードには、メールアドレスの登録をお願いいたしております。

フォームにご入力いただき、送信ボタンを押すと、自動的に資料のダウンロードが開始いたします。お手数ですが、ご協力お願いいたします。