【大学受験】併願はするべき?しないべき?〜性格タイプ別に考える併願のメリット・デメリット

2018年3月30日

大学受験において、避けて通れないのが「併願校」の問題。

「できれば第一志望一本に絞りたいけれど、万が一浪人したらどうしよう…」
「ついたくさん併願したくなってしまうけれど、かえって第一志望の勉強がおろそかになりそう…」

など、受験生の不安は尽きません。また、指導にあたる先生方も、

「この子には併願を勧めるべきだろうか?」
「合格可能性が高くない大学一本に絞ろうとしている生徒に対し、どうアドバイスすべきだろうか?」

と考えてしまう場面もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、併願をする場合・しない場合それぞれのメリットを改めて整理し、併願が向くタイプかどうかを生徒さんの性格別に考えてみました。

数年前に大学受験をしたばかりの現役大学生の声をもとにまとめていきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

併願をするべきかどうかを見極めるには?

大学受験の併願はすべき?

進路の希望も家庭の事情は、生徒さんによって様々。「大学受験=いくつも併願しなければいけない」わけではありませんよね。

では、その生徒さんが併願をするべきかどうかというのはどのように見極めたら良いのでしょうか。

もちろん絶対解のようなものは存在しませんが、一つの答えとして、

「併願をする場合のメリット・しない場合のメリットを正しく認識し、生徒さん自身の性格タイプに合わせて選ぶ」

という方法が考えられます。

 

「併願する」メリット

では早速、併願を「する」場合のメリットについて考えていきます。数年前に大学受験をした現役大学生たちは、どのようなメリットを感じたのでしょうか?

①不安を和らげることができる

おそらく、併願をすることの最大の目的がこれでしょう。

第一志望だけでなく複数の大学や学部に出願することで、進学できる可能性が高まり「もし落ちたら行くところがない…」という不安を和らげることができます。

まずは一つ以上合格を勝ち取ることで、第一志望の試験に余裕を持って臨めるのが併願をすることの最も大きなメリットです。

②試験慣れすることで、第一志望で実力を発揮できる

大学受験の併願はすべき?

第一志望の本番より前に試験を受けておくことで、大学入試そのものに慣れることができるのも併願校を受けるメリットの一つです。

入試会場というのは独特の雰囲気。心配性な生徒さんや自信のない生徒さんほど、その空気に飲まれてしまい実力を出しきれなかった…なんてことも。

事前に試験慣れしておくことで、第一志望でしっかりと自分の力を発揮することができるのです。

③合格発表後にシンキングタイムを作れる

さらに、併願校を増やすことは合格発表後にもメリットをもたらしてくれます。その一つが、「冷静に学校を選ぶ時間が取れる」という点。

入試前に志望校を選ぶ際には、どうしても「受かるかどうか」ということに意識がいってしまいがち。一方、合格を複数手にしてから実際に進学する大学を選ぶ際には、自分の中にある「何がしたいか」の思いにしっかり目を向けて選ぶことができるのです。

進路を決めあぐねてしまっている場合には、入試前に無理にどちらの学校・学部にするかを決めるのではなく、とりあえず併願してしまって、合格を得た後に穏やかな気持ちで選ぶ、というのも良いでしょう。

④大学生になってからおトク!

大学受験の併願はすべき?

さらに、併願をすることのちょっと意外なメリットとして、「大学生になってからのアルバイトの幅の広さ」が挙げられます。

実は、「この大学のこの学部の合格者限定」という塾や家庭教師のアルバイト募集も多く、たくさんの併願校を受けておくと大学生になってからよりたくさんの場所でアルバイトができるのです。

大学でのアルバイトのために併願をする…ということはなかなかないでしょうが、併願をする際にはこんなメリットもあることを知っておくと、モチベーションが上がるかもしれません。

 

「併願しない」メリット

併願をすることにたくさんのメリットがある一方で、あえて第一志望に絞ることにもやはりメリットが存在します。逆に言うと、併願をすることにもデメリットはあるということです。

では、併願をしないことのメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

①第一志望の対策に専念できる

大学受験の併願はすべき?

併願しないことの最大のメリットは、なんといっても「第一志望に集中できる」こと。

併願校があると、「ここの過去問を解かなきゃ」「この学校の対策にはなにをしたらいいんだろう」というように考えるべきことが増えてしまいます。気持ちの上でも勉強時間の上でも、第一志望だけを見ることができるというのが併願しないことのメリットでしょう。

「併願を出さなかったのだから、なんとしても受からなきゃ」と自分を奮い立たせて高いモチベーションで勉強ができるのは、大きな強みになり得ますよね。

②併願校の不合格による精神的リスクがない

先ほど併願することのメリットの一つとして「不安を和らげることができる」と述べましたが、これは実は半分本当、半分ウソかもしれません。

というのは、当然ながら併願校は「出せば必ず受かる」というものでもありません。受けたはいいけれど、結局全滅…という可能性だってあるのです。

一方、はじめから併願をしなければ、併願校の不合格によりショックを受けてしまうリスクがありませんので、かえって不安を持たずに済むと言う面もあるのです。

③試験や移動による疲れがない

大学受験の時期は、精神的にもそれなりに追い込まれ、連日の勉強で疲れやすくなっている頃でもあります。さらに、インフルエンザなどが流行するタイミングでもありますよね。

併願校を増やせば、それだけ受験やそのための移動・宿泊などによる負担が心身にかかります。併願をしない場合は、こうした心身の疲れを避けることができるのがメリットでしょう。

④金銭面での負担を最小限に抑えられる

大学受験の併願はすべき?

大学受験には、受験料・交通費・宿泊費など、様々なお金がかかります。併願校を増やせばそれだけこうした費用もかさみますし、必要に応じて学校ごとの過去問や対策本を購入しなければならないこともあるでしょう。

併願をしないことのメリットの一つとして、これら金銭面での負担を最小限に抑えられることが挙げられます。受験では受験生本人の実力ややる気がもちろん重要ですが、家計としっかり相談して戦略を練ることも必要な要素です。

 

性格タイプ別!併願するべきorしないべき?

ここまで、併願をする場合としない場合、それぞれのメリットを整理してきました。これらを踏まえた上で、ここからは生徒さんの性格タイプ別に「併願をするべきかしないべきか」を考えてみたいと思います。

現役大学生の体験談をもとに、以下のようにまとめてみました。

「受かるかなぁ…」とにかく心配性なタイプ

併願がおすすめ。その上で、「この学校はとりあえず受ける学校」「この学校はしっかり準備して受ける学校」と自分の中での位置付けをはっきりさせるのが重要です。

また、いたずらに併願校を増やしすぎないよう、先生方のアドバイスも必要となるでしょう。

「どこにしよう?」最後まで志望先を迷ってしまうタイプ

併願がおすすめ。まずは複数の合格を勝ち取ってから、進学先を選ぶと良いでしょう。

合格してから入学手続きまでの時間で「何を自分がやりたいか」に向き合えるよう、先生方からもアドバイスをしてあげてください。

「絶対ここに受かる!」自分を追い込むのが得意な背水の陣タイプ

併願しない(もしくはなるべく併願校を減らす)のがおすすめ。「この学校に絶対に受かる」と自分のモチベーションを高め、集中して対策をするのが良いでしょう。

途中で弱気になりそうなときなど、先生方の継続的なフォローも鍵となるかもしれません。

 

まとめ

大学受験の併願はすべき?

大学受験の併願について、併願をする場合・しない場合それぞれのメリットを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

併願をする場合には、日程や難易度などを考慮した戦略的な出願先選びが必要になりますよね。Cast lab.(キャストラボ)では併願校の選び方についても詳しくご紹介した記事を用意しています。併せてお役立てください。

【大学受験】生徒さんに合った併願校の選び方とは?〜スタンダードから変わり種まで全解説