学部選びのおすすめサイト3選!〜「適性診断」から「学部のデメリット」まで〜

2018年3月31日

実は曖昧?学部選びの本音

「学部選択」。それは「志望大学選択」の陰に隠れがちですが重要かつアドバイスが難しい選択だと感じています。

「行きたい大学は決まっているけどどの学部にしようか」
「就職に強そうだからとりあえず法学部にしよう」
「マスコミに興味があるけど何学部にいけばいいんだろう」

といった声を高校生の時によく耳にしました。高校生にとって学部選びはどうしても曖昧なものになってしまいがちなのです。

しかしその一方で、ほとんどの大学では入学時の学部がその人の大学生活に大きな影響を与えるのであり、高校時代の学部選択を後悔している人もしばしば見かるため学部選びが曖昧でいいはずがありません。そのため適切な学部選択のアドバイスを行う必要があり、それを感じておられる先生方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は高校生時代そして大学生の今の自分の経験をもとに、学部選択に有用と思われるサイトをいくつかご紹介できればと思います。

サイト選定の背景

今回サイトを紹介するにあたって私が重要視したポイントは 「様々な視点から学部選択を捉えることができるか」 です。

まだ学部を決めていない高校生は学部で学ぶ内容だけでなく、好きな教科や将来就きたい職業と学部の関係性にも興味があります。同時に就職への強さや具体的にどんな研究をしているかも気になり、当時の私はこれらについてもっと知る機会があればよいなと感じていました。

さらに学部選択は生徒側もアドバイスする先生側もどうしても主観的にならざるを得ませんが、性格診断といったような客観的指標があればまた違った視点を持って学部選びの参考にすることができます。大学での就職活動を通して客観的に自己を捉える重要性を学び、適性診断の様な客観的指標も必要性を強く感じました。

以上のような考えから生徒さんが多様な視点で学部を選べるような内容が提供されている点を重視し、かつ先生と生徒さんいずれもが参考にできるようなサイトを3つ選びました。

私のおすすめサイト

今回紹介するサイトは

  • 「ベネッセマナビジョン」
  • 「エイビ進学ナビ」
  • 「受験ネット」

の3つです。以下、それぞれ詳細に述べていきます。

ベネッセマナビジョン

ベネッセマナビジョン

私がこのサイトをおすすめする一番の理由は、その情報量の多さです。

掲載されている学部は72学部あり、例えば「社会学」という学問系統の中でも「社会学」「社会福祉学」「観光学」「マスコミ学」というようにかなり細かく分けられていて、より生徒さんの希望に適う学部情報を提供することができます。「学問を調べる」という項目からこれらの情報を調べることができます。

そしてそれぞれの分野について学問内容だけでなく、卒業後の進路や時間割例も調べることができたり、その学問を学べる大学や専門学校も調べたりすることもできます。 さらにこのサイトでは将来の職業についての情報を得ることもできます。希望の職業から学部を選ぶのはもちろん、興味のある学問分野から将来なりたい職業に検討をつけるというような応用的な使い方もできます。

加えて体験記を読むことができる点も非常によいと考えます。学部選びを経験し現在その学問を学んでいる先輩の話を聞くことはとても有意義ですが、自分の先輩となかなか会うことができなかったり、そもそも興味のある学部に進んでいる先輩がいなかったりといったことなども多々あります。そうした際にこのサイトを通じた先輩たちの「生の声」を聞いて学部選びの参考にすることができます。

エイビ進学ナビ

エイビ進学ナビ

このサイトのおすすめポイントは「適性・性格診断」です。ベネッセマナビジョンをはじめとして適性診断があるサイトはいくつかありますが、このサイトの「適性・性格診断」は質問項目が多く、具体的なケースにおける振る舞い方も問われるため深い分析が可能になるのが特徴です。

性格だけでなく能力も測定され、これらに基づいたおすすめの学問系統を提示してくれるので違った視点から自己を捉えて学部選びに活かすことができます(下図の私の診断結果参照)。この診断は大学だけでなく専門学校用のものも存在するため、生徒さんの要望に合わせて用いてもらうことができます。

筆者の診断結果

またこのサイトでは新設学部・新設学科を調べることができます。「大学を調べる」の項目から飛ぶことができます。

近年では「広報メディア学科」「デザイン農学科」といったように従来にはない学部・学科が新たに誕生しており、選択の幅が広がっています。これらの新設学部・学科は生徒さんの興味・関心に深くマッチしていることも多く、このサイトを通じて調べておくことで生徒さんの選択可能性を高めてあげることができます。

以上のような利点はありますが、このサイトはあくまでも「大学検索」を目的にしたものであるため学部についての情報はベネッセマナビジョンに比べると劣ってしまう点には注意が必要です。 「ベネッセマナビジョン」「エイビ進学ナビ」ともに大手のサイトであるため信頼性も高く、生徒さんも与えられた情報を素直に受け入れやすいです。

さらにこれらのサイトでは大学の資料の請求を行えるため、学部を選ぶ中で興味を持った大学についてさらに深く知ることができるといったように使うことができるのも便利です。

受験ネット

受験ネット

こちらは前述した2つのサイトとは少し異なり、個人運営のサイトになっています。しかし筆者は元学習塾の予備校部門代表であり、アクセス数も多く、サイト自体も体系だって整理されているので十分信頼できるサイトです。

このサイトの利点は、学部のメリットだけでなくデメリットも述べられている点、学問分野に対する具体的な事例が多く掲載されているといったことがあります。 前者について、具体的に将来の目標が決まっていない段階では学部が就職に強いかどうかも気になりますし、多くのサイトでは学部のよい点ばかりが述べられているのでデメリットもしっかりと把握することでをすることができます。

例えば理系学部のような専門型の学部では学ぶ内容と自分の興味にミスマッチがあった場合、転学部あるいは再受験しか方法がなくなる可能性がある、といったものです。こうしたことに早い段階で気づくことができればより有意義な学部選択ができるでしょう。

後者について、「TPPに伴う価格の変動」や「アパレルショップでの販売」といった例を挙げて経済学部と経営学部の違いを説明するといった記事や工学部の研究例を探るためにコンクリートの実験を紹介した記事もあり、高校生のようにまだ知識量が少なくても学問内容を把握しやすいという利点があります。

加えてこのサイトでは各科目の勉強法や小論文についてといった記事も存在し、学部選択以外のシーンでも利用価値が高いです。

まとめ

以上、「ベネッセマナビジョン」「エイビ進学ナビ」「受験ネット」の3つのサイトを紹介してきました。まとめると下図のようになっています。

先生方の学部選びアドバイスにこれらのサイトが少しでも参考になれば幸いです。

参考文献

ベネッセマナビジョン(https://manabi.benesse.ne.jp/)
エイビ進学ナビ(http://www.eibi-navi.com/)
受験ネット(http://受験.net/)

 


▶こちらもおすすめ!
学部・学科選択についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もご参考にしてくださいね。